タグホイヤー TAG HEUER

1860年、若いスイス人時計技師エドワード・ホイヤーはスイス・ジュラ山中にあるサンティミエの街に、自身の時計工房を創設しました。彼の夢は時を制することでした。すなわち歴史が始まって以来。人間の心をとらえてやまなかった時という神秘的な次元の最も微小な単位を、複雑な計器を用いて探求し、計測することでした。

カレラ・シリーズは1964年、創業者であるエドワード・ホイヤーのひ孫にあたるジャック・ホイヤーによって生み出された。「カレラ」という名前のルーツは50年代にさかのぼる。50年から54年の間に5回開催されたメキシコとアメリカとの国境からグァテマラの辺境地までの3520キロを走破するレース "ラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ" がその由来です。コースの難易度と高度なテクニックを要求されることで有名だったこのレースに参戦したアルゼンチン出身の名レーサー、ファン・マニュエル・ファンジオは過酷なレースの最終年度で見事優勝をおさめ、またF1グランプリにおいても5度チャンピオンとなりモーター・レーシングの歴史に名を刻むこととなりました。

タグ・ホイヤーはそのファンジオの偉業と伝説のカーレースの両者に敬意を表し、63年に発表した腕時計式のクロノグラフを「カレラ」と名付け、64年に正式に「ホイヤー カレラ」と命名して発表しました。高精度のムーブメントと視認性の高い洗練されたデザインは、トップクラスのレーサーなどに広く愛用されるようになりました。