オメガ OMEGA スピードマスター マークⅡ 145.014 , ボールウォッチ エンジニアⅢ NM2186C-L1J-BK

買取時計詳細
オメガ OMEGA スピードマスター マークⅡ 145.014 , ボールウォッチ エンジニアⅢ NM2186C-L1J-BK
買取日
2019年 1月
買取方法
店頭買取
ブランド
オメガ OMEGA
モデル
スピードマスター マークⅡ 145.014 , ボールウォッチ エンジニアⅢ NM2186C-L1J-BK
駆動
自動巻
文字盤色
  • ブラック - Black
時計の機能
  • クロノグラフ
査定士コメント

長久手市にお住まいの方から、『オメガ OMEGA スピードマスター マークⅡ 145.014 』と『ボールウォッチ エンジニアⅢ NM2186C-L1J-BK』の2本お売り頂きました。

『オメガOMEGA スピードマスター マークⅡ 145.014』は1年ほど前に当店でご購入頂いた物でしたし、『ボールウォッチ エンジニアⅢ NM2186C-L1J-BK』も1年ほど前に正規店でお買い求め頂いていた物でしたので、通常よりプラス査定させて頂きました。

大切なお時計をお売り頂きまして、誠にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

オメガ OMEGA

オメガは1848年にルイ・ブランがスイスのジュラ山脈で創業したブランドです。

1894年にムーブメント「Ω」(ギリシア語のアルファベットの最後) を発表し「オメガ」ブランドが誕生し、1903年には、社名をそれまで使われていたルイ・ブラン兄弟会社から現在でも利用され続けている「オメガ」に変更しました。

1932年のオリンピック・ロサンゼルス大会以来公式計時を務めるなどして、「精密時計のオメガ」という名声を確立しました。F1ドライバーのミハエル・シューマッハが以前からオメガの大ファンであることをテレビ番組で知ったオメガの社員が彼に個人スポンサーのオファーし契約が決まりました。その後もシューマッハはスピードマスターを愛用しているだけでなく、現役時代には勿論、引退後(2010年より復帰)もその偉業を称えて記念限定モデルがリリースされています。